2017年06月07日

ムルジャ!

こんな夢を見た。
どこかはわからないが試合に来ている。
私はムルジャと一緒にスタジアム内を歩いていて、ムルジャはなぜか
2002・2003モデルのユニを着ているが、オレンジ色の部分がやや
ピンクがかっているような。
もう一枚別のムルジャのユニを私が持っていて、それもミズノ製。
何を話したのかは記憶にない。でも終始にこやかだった。
やがてムルジャと別れる際、着ていたユニを脱いで「あげるよ」と。

観客席に戻る手前、チケットの半券も仮にホームゲームだとしても
シーチケがないことに気付いた。ホームで再入場ならスタンプでいいが
どうやって席に戻る??と焦ったらいつの間にか席に戻れた。
どうやらムルジャと一緒に入った所が関係者入口だったらしく、いつの間に
私は入場扱いになっていたのだ。

帰宅後、もらった2枚のユニフォームはまだ汗で湿ってて(苦笑)
なのに汗のにおいはしなくて。
2枚とも当たり前だが、透かしが入っていて明らかにオーセンティックで
(レプリカは透かしがない)主人が
「おおお~本物(選手用)だよ~!!≧▽≦」
と感動していた。
ここで夢は終わった。

夢を見るのはいいのだが、寝起きが悪いとか疲れが取れないのは
熟睡できてないんだなぁ…だから夢を見るのだ。はあぁ~…orz
posted by アパート管理人 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ウルトラクイズでどうでしょう?

こんな夢を見た。
「水曜どうでしょう」の旅がアメリカ合衆国某所へ。
洋ちゃんにとっては夢の中では「2度目」の街だそうだ。
「1度目は時間がなくて楽しめなかったから、2度目は楽しむんだ・と
周りに言って来たのに、ウルトラクイズかよ~!!」

ウルトラハットを被りながら、画面いっぱいに悔しがる洋ちゃんの姿を見て
藤やんばりに笑っている私を見て驚く主人の姿が。

ここで主人に起こされた。
「寝てるのにいきなり大笑いし始めたからびっくりした」
いやぁあれは笑わずにはいられないわ。
posted by アパート管理人 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

天体観測

こんな夢を見た。
姉弟4人で、2つある実家(去年新築したものと、私達が過ごした古いもの)の
古い方の実家にあるベランダで星空を見ていた。
長女(kit)は星座に詳しいので
「まずオリオン座を見つけて」
というところから始まったのだが、するとあ~ら不思議、プラネタリウムのように
星座の周りに絵が現れた。が、きっと季節など関係のない無茶苦茶な星座が
点在してあった違いない。
だって私が確実にわかるのは、そのオリオン座だけだし^^;
確か射手座があったのだが、射手座は11~12月の星座なので今の季節にはない。

姉弟が夢に出てくること自体非常に珍しいが、それが4人揃ってとは。
母と父の新盆の話をしたせいか。
短かったが楽しい夢だった。
posted by アパート管理人 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

現実逃避行願望

こんな夢をみた。
多分ソウルの空港カウンターにいる。手には機内誌のカタログ。
そこに座っているのは「時の人」パク・クネ前大統領容疑者?
後ろにはSPか、がっつりした体型の男性が数名。
機内誌に載っている服をそのまま欲しい・とお願いした。
千鳥格子のジャケット、白のブラウスの衿に赤いリボンかコサージュか何か
黒か紺のミニのフレアースカート
この服装、「愛の選択~産婦人科の女医(산부인과)」という韓国ドラマで
登場人物が着ていたのを髣髴させる。
お値段はなぜか円建てで約35000円だったか。でも私絶対スカート買わないけどな。
そこへ姉が私を迎えに来た。飛行機の搭乗手続き締切までもうすぐだという。
慌てて走る!!でもチェックインはなぜか空港でも韓国でもなく
「札幌ステーションホテル」(注:このホテルは今ありません)
そのホテルの2階まで走り、でも着いたのはチェックインカウンターどころか、
重厚な作りのホテルロビー。
そこで年配の韓国人夫妻からの出迎えを受けた。握手をして何やら話をしたところで
目覚ましが鳴って目が覚めた。

なぜ韓国の夢を見たのか。
ソウル行きたい病が少し出てきたのもあるし(理由あり)
夢占いでいう「旅はストレスで現実逃避したい表れ」か、はぁ~…。
posted by アパート管理人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

驚きの女子力

こんな夢を見た。
元彼とヨーロッパの様なインテリアのホテルにいる。
後述するが、そこはビルで下がオフィス階・上がホテルという設計。
自分も24階に部屋を取ってある。
向かい合って話をしていたその時、突然私が彼にキスをした。
夢なのに唇の感触も生々しく、それからお互い欲望のスイッチが入ってしまい…
なぜか上半身はそのままで下半身だけ脱いだのだが、パンツのゴムの跡がついているのが
とても恥ずかしく感じて
「シャワー浴びてくる!!」
元彼の部屋のバスルームではなく、自室へ戻るために飛び出した。
しかしとてつもなく広い、エレベーターが何機も至る所にあり、オフィス階直行だったり
エスカレーターは上りだと思ったら下りだったり、その逆もありで、なかなか部屋に
辿り着けずに焦っているところで目が覚めた。

主人とは知り合ってもうすぐ18年の付き合いだが、下着のゴムの跡=むくんだり
太ったりしてついてしまったことに対して、恥ずかしいと思ったことは一度もない。
夢の中ではとはいえ
『ゴム跡が恥ずかしいと感じるとは、自分にもまだ女子力があるのだ』
と、あまりにもおかしくて朝から夜まで、思い出してはケタケタ笑ってた。
帰宅した主人にこの話をしたら
「〇〇の口から『女子力』という言葉が出てくるとは思わなかった(爆笑)」
自分でもそう思うよ!!^▽^
posted by アパート管理人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする