2017年03月26日

リニューアル

昨日やっと光回線工事していただいたので。
PC使えない3週間は長かった…!!

北海道新幹線開業一周年の今日、ブログのPC版デザインをリニューアル。
ヘッダ(これでいうタイトル部分)で期間限定で
DSCF2111.jpg
これをつかったこともあったっけ。
NACK バックスタンド.jpg
あきたらまたNACKに戻そうかな。
posted by アパート管理人 at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さま、リニューアルおめでとうございます(*´▽`*)

やっぱPCからのブログへの入力は便利でしょうね。(光工事って結構期間がかかるんですね。マンションはその点プロバイダー選び放題なくらいあっさり通ってます)召使もPCからコメントさせていただいています。やっぱボードはよろしいですな。

 日本代表が宿敵vsUAEに、今ちゃんと大迫くんの負傷という代償は大きかったものの、アウェイ勝利できた歓喜のころに、eプラスより6月16日チケット確保のお知らせありましてホッとしております。電子チケットなので、席はわからないのですが、管理人さんのお言葉を借りれば、エレクトリックですし、声が聞けたら!いいか(^^♪と。
 ま、なんせ“さよならの共犯者”といえば、発売当時、一番面食らったのはジャケットで、しかも裏ジャケに召使度肝抜かれたんですね。“Flame of mind”もカメラ目線ですが、そっちのそれとは比較にならんくらいのアップにデフォルメ、メイク!昔も今も凝視5秒が限界でございます

 音楽的には“URBAN SPRITS”までの路線から、安部さんのTUNEが変化しだしてきたアルバムで、安部サウンドというか定番的な世界観の落としどころを避けるかのように、内省的な香りが漂う作品が多くて。で、ずっと安部さんを聞いてきたfanにとっては心理的にまでエラソーに深読みしたくなって「やっと念願叶ったNY録音で、いいトラック、いいアルバムで素敵なんなけれど、はじけきれない何かつっかえたものすら感じる。少し安部さん疲れてるのかなぁ」って思ったりもしてて。(事実次のアルバムまで事務所やレコード会社変わったりとか大変だったみたいで)

 でも29年経った今、自分が大人になって(るんだろうか)聞くと、当時の安部さんの心理というか、そういう成り行きの曲に落ち着く意味も、そしてこのアルバムの持つ実は最高のサウンド構築(きっと最近こんな贅沢なレコーディングできるアーティスト角松さんぐらいかも)に、何より個人的に安部さんこのころがライブもたっくさん重ねて、歌が一番うまいというか、コントロールできてるような気がして。「Memories」は「一つ間違うと歌謡曲ラインっぽくってヤだなぁ」と当時は思ったもんですが、今ではこんなに切ない曲があったんだろうかってほど心にとどめておきたい曲になっているから不思議です。一番大好きな曲は「Sounds Of Love 愛の足音」SAXの松田さんに素敵なテナーのsoloをTwitterリプライで思いっきりお願いしたのは言うまでもございません!
今ぴあがプレリザーブ中とのことで、まだチケット○でしたから(残わずかだと△になっちゃう)チケット確保いけそうですよ!(^^)!
Posted by せばすちゃん at 2017年03月27日 00:39
せばすちゃんさん、こんにちは。お返事が遅れて申し訳ありません。
光回線工事のせいではありませんが。
工事は本来柏でのライブの翌日に行うはずだったのですが、NTTとドコモが
情報共有されておらず(その辺りの話は割愛)当日の朝になって
「工事は自動でキャンセル扱いさせていただきました」
と…。何度も確認して当日を迎えたのに、先方はひたすら平謝りで工事は延びに延びました。
工事日にあわせてプロバイダー解約したので、PCは全く使える状態になりませんで。
タブレットのみの間はきつかったです。遅いし広告が邪魔だし、イライラしました。

代表戦は後半開始~途中までしか見られませんでしたが、帰宅したらもう既に2点先制。
主人の話では「前半途中から防戦一方で、ATに猛攻撃受けてヒヤヒヤした。
川島がPK止めてホッとしたよ」
↑「アルディージャに内定(公式発表前)した子がウチでバイトしてる」と
高校時代にお会いしたことがあります。
まさかあの時のエプロンに坊主頭の男の子が日本代表GKになるとは、微塵にも
思いませんでした(笑)

安部さんのチケットですが、こちらはローソンの先行予約で今結果待ちです。
でもせばすちゃんさんのコメントで、とりあえず2階席の最後尾でも何とか取れそうな
気がしています。
「さよならの共犯者」のジャケ写は私もすごくインパクトありました。
当時高校生でCD買うお金ないので、レンタルCDをテープにダビング(ダビングって死語?)
をしてまして。その時は「MODERATO」か「invitation」どちらか一枚選びに行った時で
「さよならの共犯者」が表向きに飾ってありまして。思わず手に取って凝視。
invitationの裏(正面)の写真と同じ人に見えない…(笑)
「After Five Cinderella」を聴く度、赤いマニキュアにカルティエの3連リングをはめた
ワンレンのお姉ちゃんが「ワープロ叩く」イメージがどうしても抜けません。
そういやアルバムツアーの初日が戸田市文化会館だったような。
GBという音楽雑誌の広告に載ってて、何となく覚えていました。
ところでせばすちゃんさんは、音楽関係のお仕事をされているのでしょうか?
いつも詳しくてすごいなぁ~…と感心しています。
Posted by アパート管理人 at 2017年03月29日 16:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック