2019年10月27日

武蔵築別駅舎新築工事 その17

10.26  (9).jpg
10.26  (2).jpg
10.26  (1).jpg
全景
10.26  (4).jpg
10.26  (5).jpg
10.26  (6).jpg
「画竜点睛」
まさにこの言葉だなと思った、足元の土台のレプリカ(上)と窓枠の格子(中・下)
この2つが入ったことで、一気に木造駅舎っぽくなった。
工事監督さんは「駐車場から中を見た時、トラスが目に入ってカフェか何か営業してるよう
に見える^▽^」と話されていた。
この部屋のモデル、津軽鉄道芦野公園駅旧駅舎はカフェだしJR大村線千綿駅は食堂だし。
10.26  (3).jpg
吊り革じゃなくて、私の長年の希望だった室内物干し「ホスクリーン」
雨の日でも乾燥機ないし、カーテンレールに干すか室内用物干し台を使っていたが、どうし
ても乾きに難があって嫌だった。
これなら高さがあるし、扇風機を下から当てても大丈夫。しかもいらない時は外せる。
ホスクリーンはここのほかにベランダに沿うようにもう一か所、たくさん干せる~!
それでも間に合わなければトラスにも(本当はここが空間があって理想)
10.26  (7).jpg
10.26  (8).jpg
10.26  (10).jpg
9.18  (3).JPG
↑出札口をイメージした折り畳み式棚
3か所に分けて使えるが、1か所は電話やプリンターやモデム等を置く運命。

おまけ
書庫は「肉球部屋」と改名されました。そのうち「肉部屋」→「肉」と略されると思う
それからカーテンは、払い下げの寝台列車のカーテンになる運命??
サイズ測って買ってるのかどうかは不明。
posted by アパート管理人 at 09:32| Comment(2) | 武蔵築別駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする