2017年12月31日

下関・釜山の旅 5日目

DSC_0015.JPG
最終日、雨
目の前は下関駅ホーム。雪が積もってるようだ。
昨日まで降らなくて良かった。むしろ昨日なんて暑かったくらい。
埼玉は昼間雪が降ったそうだが、下関は10時には止んで暖かかった。
DSCF2265.jpg
空港に着いたスターフライヤー
これに乗って羽田に帰って来た。
DSCF2269.jpg
こちらはJAL機

一年間ご覧いただき、本当にありがとうございました。
また来年もご覧ください。良いお年を!!
posted by アパート管理人 at 23:59| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

下関・釜山の旅 4日目

こんな夢を見た。
とある医療行為について、知人が講義して欲しいと、勝手に予定を入れてしまった。
私は医師ではないので行為そのものもできないし困る!と必死に抗議している。
夢を見るのは熟睡してないのであって…
毎日歩き回って帰って来るのに、場所が違うと熟睡出来ないのだろうか。
そういや昨日は移動中珍しく、ほとんど起きて車窓の景色を見てた。

山口だと文化圏が福岡なんだ…CMは博多とか九州方面ばかり。
と思いきや、山口と福岡どちらのテレビ局も見られるからと判明。
番組表が同じものが2つ。
DSCF2248.jpg
DSCF2249.jpg
DSCF2244.jpg
国境の長いトンネルを出た?ら、福岡県。私は福岡は初めて。一度行ったことになる?
このトンネルはこれでも国道。
DSCF2243.jpg
壇ノ浦
源義経(左)と平知盛(右)の像
DSCF2252.jpg
火の山公園から見た関門海峡

ロケ地を全部回りきって遅いお昼ごはん。
下関は「ふぐ」と言わず「ふく」という。
DSCF2260.jpg
DSCF2259.jpg
唐戸市場すぐの「ふくの河久」で「ふく刺しぶっかけ丼」を。
DSCF2258.jpg
デザートに隣の下関グランドホテルのラウンジでコーヒーとシフォンケーキを頂いた。
こちらは関釜フェリーの特典でタダ!
DSCF2262.jpg
地元の名産品セットのお土産もついて、2等船室が往復15000円。
定価が18000円だったか、ありがたい話だ。
しかも18きっぷ持ってたら半額の9000円。
あの~…狡いこと考えたけど、もちろんやめた。
posted by アパート管理人 at 18:31| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

下関・釜山の旅 3日目

旅行中すっかり早寝早起き。まあかなり疲労してるから。
歩道のタイルが波打って見えた…。昨晩は9時くらいに寝たような。船は熟睡できない?
福山雅治さんの初期の写真集2冊がブックオフで15000円で売れたという夢を見た。
今これ手放して持ってないのだか、今ならBROS.の初回プレスとか
ヤフオクで高値で売れたかな~。雨の日はこういう理由で高値がつくんです・ってどういう
理由だったか思い出せない。
星希号は洗濯機が無料で使えるので利用したが、船内乾燥がすごくて、ジーンズですら
カラカラに乾いた。

税関で「埼玉から?…何しに行かれたの?」
下関経由で行かなくても、ということらしい。
DSCF2122.jpg
朝ごはんに唐戸市場へ行ったら大行列!!時間が限られているので、見切りをつけて
駅近くの
DSCF2128.jpg
DSCF2127.jpg
DSCF2125.jpg
DSCF2126.jpg
「大衆食堂 一善」でとりあえず朝定食。
これからミステリートレインに乗車(嘘)下関は宇部もそうだけどホームが白河に似てる。
DSCF2147.jpg
特牛(こっとい)駅着
DSCF2154.jpg
DSCF2156.jpg
DSCF2157.jpg
DSCF2158.jpg
DSCF2160.jpg
DSCF2163.jpg
角島大橋
これが見たくて来た《*≧∀≦》天気が良ければ尚良かったのに~!!
来年レノファとの試合でいらした際はぜひ!!ただし車でないと多分キツいです。
DSCF2181.jpg
DSCF2183.jpg
DSCF2188.jpg
矢玉(やたま)漁港付近
味噌醤油の醸造所と直営店があるのだが、年末でお休み。下関駅にあるスーパーにも商品が
置いておらず残念…。3枚目は直営店ではないが、味のある建物だったので。

晩ごはん。時間が悪かったのかどの店も独りはダメ( ̄0 ̄;)
せっかく来たのにチェーン店もなぁ。
一軒「シングルOK」の旨英語で書かれた店「酒肴歩」を発見。
開けてびっくり、バーだった。料理も出るが。後には引けずそのまま入店。
DSCF2200.jpg
DSCF2199.jpg
DSCF2204.jpg
DSCF2201.jpg
DSCF2203.jpg
DSCF2202.jpg
刺身盛り合わせと雑炊を頂いた。サザエと生ワカメはお通し。
「酒が飲めないなんて、可哀想ね~」
何度言われたことか(-_-;)
「独り客はダメだなんて、なめてるわね」
同情してくださってありがとうございました。
「出身が福島?あらっ」
会津じゃないのでお気遣いなく(笑)
今白河で「戊辰戦争150年」のイベントをしているが下関では「維新150年」
所変われば価値観も変わる^^;
「女独り旅って、旦那がいたらさせないもんねぇ」
だから独身ということにしてました。
「でも指輪」
ギクッ(笑)さすが客商売、鋭い。
お付き合い頂いたママさん、ご常連のお客さん、ありがとうございました。
posted by アパート管理人 at 23:34| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

下関・釜山の旅 2日目

DSCF2080.JPG
気づいたら釜山港
3時くらいには着いてて、入国手続きが8時に開くのを待っている状態なのだ。
P1030271.jpg
DSCF2070.jpg
DSCF2067.jpg
朝ごはんは「シンチャンクッパ」でテジクッパ
DSCF2078.jpg
釜山大橋で見つけたこの標識
逆光で見えづらいが「차로엄수(車両厳守)」
でも私歩道歩いてるし、橋からダイブするようなこの絵は一体…???
DSCF2089.jpg
釜山タワー付近
まだクリスマスの飾りつけが…
DSCF2092.jpg
富平市場
日本の菓子や医療品などを売る店を散見。
下関港で大量の荷物を積んだのはこれか!
DSCF2091.jpg
市場を見るのは楽しい。この店じっくり眺めたかった。できたら買って帰りたい。
DSCF2084.jpg
乾物市場
これは…骨??
DSCF2099.jpg
韓国に来たなら絶対食べたい「ホットク」
行列ができていた屋台を選んで買った。なので出来たて熱々!!
ここのは真ん中を切ってナッツ類を入れる。
相場は1個1000ウォンだがここは1200ウォン。ナッツの分上乗せ?
DSCF2107.jpg
DSCF2103.jpg
DSCF2102.jpg
DSCF2104.jpg
DSCF2108.jpg
「トンネハルメパジョン」でお昼ごはん。
どうでしょう班が「全員食えない」の店。
高かったがこれで食べ納めのつもりで奮発!
DSCF2106.jpg
メニュー
日本語がいろいろ惜しい(笑)
やっぱり外国人には難しいんだなぁ。
DSCF2117.jpg
DSCF2118.jpg
DSCF2115.jpg
DSCF2116.jpg
トンネ温泉で足湯
かなり熱いが、皆さん浸かりっぱなし。我慢比べの形相?
でも足だけでなく全身温かくなってきた《*≧∀≦》
疲れも取れる~♪
DSCF2075.jpg
影島大橋のたもと
これ偶然すぎて笑った\(^o^)/
バンちゃん…早く移籍先決まるといいね。
DSCF2105.jpg
DSCF2114.jpg
平昌(ピョンチャン)水・という名のミネラルウォーター
ボトルがお洒落、化粧水の瓶みたい。
オリンピックマークがエンボス加工で入っている。
あと2時間ほどで釜山を出ます。
posted by アパート管理人 at 17:05| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

下関・釜山の旅 1日目

P1030269.jpg
DSCF2001.jpg
羽田にて
スター・ウォーズジェットではなく
DSCF2003.jpg
一度乗りたかったスターフライヤーで《*≧∀≦》山口宇部へ。
早速ロケ地の写真を撮り終え移動。最寄りの草江駅で接続が悪く一時間待ち…
それからすっかり忘れていた、交通ICカードがこの辺りは使えないことを。
想定してたっぷりチャージしてきたのに~!
しばし寒風吹く駅舎でひゅるり~…(-_-)まあいいさ。
DSCF2121.jpg
DSCF2061.jpg
DSCF2057.jpg
DSCF2058.jpg
DSCF2059.jpg
DSCF2060.jpg
DSCF2063.jpg
関釜フェリーで釜山へ。今回は往復とも韓国籍星希(ソンヒ)号にて。
女性は韓国の行商帰りのおばさんがほとんど。
2等室で大部屋、風呂は大浴場。何かと不安( ̄▽ ̄;)
乗員も含め周りは韓国語ばかり。一足早く韓国に来てるみたい。
P1030270.jpg
食堂で30分待たされ(あとの人が先に来ている)日本ならすぐ持って来るだろうが
催促しても来ず、空腹で怒り💣味は韓国仕様で辛い( ̄0 ̄;)
そろそろ繋がらなくなる?おやすみなさい。
posted by アパート管理人 at 10:46| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする