2017年06月08日

お薦めの2冊

線路は続くよ.jpg
・福島 尚画集 線路は続くよ
福島さんのことを知ったのは、いつだったか新聞に、とある企業のカレンダーに
毎年採用されている・と載っていたのがきっかけだった。
一度見ただけでこうして画にしてしまうそうだ。
画集が出たら欲しいとずっと思っていたが、半年前に初の画集が発売されていた。
ちなみに表紙になっている「首都圏 大宮駅」
現実と少し違う部分を主人はすぐ見抜いた。
さいたま市史 鉄道編.jpg
・さいたま市史 鉄道編
5日に出たばかり。書店販売はなく区役所で販売、一冊2000円。
B5版オールカラー282P、この内容でページ数で2000円てすごく安いって!!
さいたま市の鉄道・ということで中心はJR・国鉄だが、ニューシャトルや埼玉高速鉄道
東武野田線、その他廃線になったものとか、盆栽村や大宮公園と鉄道の関わり、
今はなき大宮駅の駅弁、駅前の店の移り変わり、楽しくてそれでいて読みやすい。
母が言っていた「大宮は戦後、東北方面から来る闇物資の取締の要所で、大宮の手前で
警察の手が入る前に窓から闇物資をドンドン投げ捨てた」こともコラムで載っていた。
時間があれば初めからじっくり読みたいのだが、一体何日かかることか。
posted by アパート管理人 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする