2009年05月31日

出血大サービス

未開封の料理酒の蓋を開けたら、指が血だらけになった。

開栓にはご注意下さい.jpg

巻いていたブリキ?部分で手を切ったのだ。
「開栓には十分注意してください」
遅いっちゅうねん。

次節以降、大虐殺・血の雨は降らないでほしい…。
posted by アパート管理人 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

ナビスコ杯 vs広島戦

7-0…監督だけじゃなくて、私も初めてだこんなスコアで負けたの。
行きつけの八百屋のおじさんと一緒に、溜息をお供した。
「野球じゃないんだからさぁ…」

青拓はまだスタメンには早かったのか
早々に一点を獲られて焦ったのか
そして、立ち直ってる間にまたやられて、すっかり意気消沈したのか
フォーメーションを変えて失敗したのか
監督の言う通り、雨の中の長時間練習で体が重かったからか
試合を一切見ていないから分からないけど
来週のオレアルは、ウォンジェのインタビューだけにしようかな…。

もう家の雰囲気が暗くて…ケンカしたわけでもないのに、空気が重い。
posted by アパート管理人 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アルディージャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

余波

先日医療品問屋に注文した商品のうち
「消毒用エタノール(略して「消エタ」)」が届いていない。
他のは取り寄せだというのは容易に想像つくのだが、忘れたのか…
電話で催促しようかと思った矢先、その問屋から電話がかかって来た。
「あの~先日ご注文いただいた消エタなんですが、新型インフルエンザの
影響で、メーカーにも在庫がない状態でして…」
うっそ~ん!!??
「入り次第すぐお届けしますが、大丈夫ですか?」
あるのは未開封1本、開封済1本。
「まあ…何とかします^^;」
ないのに何とかしろったって、そりゃあ無理な話だし。
マスクがないのは嫌というほど知っていたが、消エタもないとは
全く想像していなかった。思わぬ余波だ。

仕事中とはいえ薬局を回って買い占めるしかない(すいません)。
ドラッグストア、スーパーの薬局、街の外れの小さな薬局まで、足で行ける
だけ回って、あっても500mlサイズは皆無。100mlの「一回で終わりだな」
サイズの4本がやっと。
ぽっかり空いたスペースに、きっと消エタがあったんだろうなぁ。
それから、あらかじめ脱脂綿に消エタが浸してあるパックみたいなの
(献血で使われてる)のを数個買って、果たして届くまで持つだろうか…。

で、ネットを見たら、こちらは安定供給されているみたい。
ただし、一般販売だから高いけど。
posted by アパート管理人 at 21:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ハンサムマスクver.2

昨日アップした「口裂け女」のペペさんからのコメントにヒントを得て
(一つはパクリだけど)調子に乗って続編を作ってみた。

マスクdeモンロー.jpg

マリリン・モンロー
ほくろはどの位置だったっけ~??資料がないけど、いいや!
テープでグロス感を出すこだわり様、おわかりいただけただろうか。

マスクdeペコちゃん.jpg

ペコちゃん
これも資料なしで作成。わかるかな?

これらを見た同僚が作ったのは、口ではなく「豚の鼻(● ●)」
写真撮るの忘れたけど、一番ウケた!!

本当は「ガォーさん」の口もやりたいのだけど、
きっと子供が泣きだすから、ここだけにしておく。

posted by アパート管理人 at 22:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

口裂け女!?

初夏なのにすっかりマスクが手放せない。が、それは仕事中の話。
うっとおしいからしたくないのが本音だ。
そんな気分を少しでも楽しくしよう?と、マスクに小細工を。

口裂けマスク.jpg

マスクに直に書くわけにはいかないので、赤のマジックで大きな口を
紙に書き、テープで貼ってみた。
大人にはバカ受けだったが、小さい子は泣きだしちゃって…^^;
ゴメンねぇ。
私が君たちの頃「口裂け女」という都市伝説があって、
歯科の待合室に置いてあった「女性自身」とか「週刊女性」といった
類の雑誌に
「全国口裂け女出没マップ」
というおバカな特集記事があったのよ(本当だってば)。

私が聞いた「口裂け女」は
「私、きれい?」と訊かれ、
「きれい」と答えると「あなたも私と同じようにしてあげる」と口を裂かれ
「ブス(あるいは同意義語)」と答えると、殺されてしまう・と教えられた。
主人に話を聞くとまたちょっと違って、土地によって違いがあるようだ。
posted by アパート管理人 at 22:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする