2023年01月25日

富山地鉄市内軌道線・喫茶駅ブルー★トレイン

DSCF0086.jpg
DSCF0041.jpg
DSCF0087.jpg
DSCF0019.jpg
富山駅
今回撮るより移動中心であまり撮ってない。それからカメラが限界だった。
14年?使ったからもう買い替えかも。
DSCF0065.jpg
岩瀬浜・カナル会館付近
DSCF0094.jpg
五福末広町・富山大橋(トヨタモビリティ富山 Gスクエア五福前)
DSCF0008.jpg
堀川小泉
DSCF0098.jpg
西町
<レトロ電車>
DSCF0106.jpg
DSCF0104.jpg
DSCF0102.jpg
タイミング合わなくてだめかと思ってた。しかも2回乗る機会があって良かった^^ 
<喫茶駅ブルー★トレイン>
安野屋電停近くにある、昭和の香り漂う鉄道喫茶店
DSCF0107.jpg
DSCF0108.jpg
店内をHOゲージが走る。この日は
・ブルートレイン「日本海」
・北陸新幹線W7系「かがやき」
・富山地鉄「ダブルデッカーエクスプレス」
・瑞風
・C62
・コンテナ貨物
子供はもちろん大人でも楽しめる
DSCF0109.jpg
DSCF0110.jpg
カフェオレとチーズケーキをいただいた。ごちそうさまでした♪
私が富山に行った3日間は、拍子抜けするくらい雪が全くなかったのだが昨日から大雪。
いいタイミングで良かった…。
posted by アパート管理人 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

「孤独のグルメ season10 富山編」ロケ地巡り

<岩瀬エリア>
DSCF0028.jpg
DSCF0029.jpg
桝田酒造店
「満寿泉」が主力商品の酒造会社。「満寿泉入りキットカット」を職場の土産に買って
帰ろうと思っていたが、中袋を開けた瞬間に酒の香りがものすごい・というので断念。
控室を酒の香りで充満させると誤解を招く^^;
DSCF0030.jpg
DSCF0031.jpg
北前船廻船問屋 森家(国指定重要文化財)
隣の馬場家もだけど、あと1時間あれば見学してたのだが…次の機会に。
DSCF0026.jpg
DSCF0067.jpg
アナザホリデー(紅茶専門店)
「おい滝山!お前に(性格が)そっくりな姪っ子」と打ち合わせ
DSCF0021.jpg
ここに2人が座り
DSCF0022.jpg
DSCF0024.jpg
DSCF0023.jpg
「ここ紅茶、とても美味しいんですよ^▽^」
五郎さんが食べたスイートポテトをセットでいただいた。
ケーキセットのお茶は「ウダプセラワ」
DSCF0068.jpg
店を出て2人でここを歩く
<よし、店を探そう>
DSCF0009.jpg
路面電車で移動・堀川小泉電停上の歩道橋
DSCF0002.jpg
中町(西町北)電停で下車、さんぽーろ(アーケード街)を抜ける
DSCF0011.jpg
ハッピー食堂
「東京なら絶対入ってる」
DSCF0012.jpg
ラーメン一楽
「ラーメン・(ていう気分)じゃない」
DSCF0013.jpg
お好み焼き ふじい
「お好み焼き・でもない」
DSCF0014.jpg
石倉町延命地蔵尊の湧き水
「いい店が見つかりますように」
この時は幸い誰もいなかったが、いつもは車で汲みに来る人が絶えないそうだ。
DSCF0015.jpg
すぐわきの橋を通り
DSCF0016.jpg
DSCF0017.jpg
たどり着いたのは「舞子」
延命地蔵からさらに歩く。富山駅からも電停からも遠く「よくここを見つけましたね」と
言われるのも納得。
ちなみに五郎さんが渡ってきた横断歩道は、融雪装置が故障し冬の間閉鎖中。
posted by アパート管理人 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ロケ地巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

富山の旅 3日目

最終日。日帰り温泉に行くつもりだったが、昼の部が午後3時から!調べた時と時間が変更
3時は新幹線に乗るために駅にいる…リサーチ不足、知ってたら昨日の夜行ってたのにT_T
それか温泉併設で金額が少しだけ高いマンテンホテルにすれば良かった!
DSCF0095.jpg
今日はこちらから。「池田屋安兵衛商店」である。
富山といえばリンゴ売り・いや薬売り(リンゴ売りは井上陽水「氷の世界」)
実家でも富山の置き薬あった。おまけで風船とかもらった。おまけ文化の発祥だそうだ。
DSCF0096.jpg
薬作りで使った道具などを展示・写真はないが販売員が使ってた柳行李とかも。
あ~あった、今は車(それかカブだっけ?)で回ってたから大きな行李持って来てた。
一段目には何、二段目には何と決まりがあったらしい。
DSCF0097.jpg
丸薬を作る機械
「機械がない時代は手で丸めていたけど、これができてからは劇的に生産が増えた」
原始的な作りだが納得。面白かった。希望者は体験できる。
デモのお兄さんから
「どちらから参られ?」
「埼玉です」
「今は埼玉が薬の生産量全国1位です。昔は富山でした」
そうなのか。大正製薬の工場しか知らなかった。富士薬品は本社は大宮だが工場は富山。
DSCF0090.jpg
富山大橋より。神通川が流れていて手前側は富山湾に向かってる。
近くに「ブルートレイン」という有名な純喫茶がある。これは後日にでも。
DSCF0111.jpg
富山市役所展望台より
360度パノラマが無料で楽しめる。どうしてもきれいな立山連峰が撮りたかった。
「家から見る立山連峰が一番きれい・と地元の人は言う」
という富山市のポスターが貼ってあり、若い地元の男の子もそうだ・と言っていた。
DSC_0756.jpg
HORIZON_0002_BURST20230122151542661.jpg
帰りの新幹線の中より
次の宇奈月温泉まで、山に向かって突っ込んで行く。山裾ギリギリのところを通るので
地形が面白くてずっと見ていた。午後5時半に大宮着。次は夏に行きたい。
鉄道の話と「孤独のグルメ」ロケ地巡りは後日。
posted by アパート管理人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月21日

富山の旅 2日目

DSCF0045.jpg
DSCF0047.jpg
DSCF0049.jpg
DSCF0046.jpg
今日は富山城からスタート
3枚目:千歳御門
千歳御殿の正門で、富山城の唯一(戦災で焼失)の創建当初の建造物。
同形式の門は三間薬医門といわれる格式の高い城門建築で、現存する同形式の門は東大の
赤門(旧加賀屋敷御守殿門)だけという貴重な遺構。
DSCF0052.jpg
桜橋
川沿いは桜の名所。今は冬季休業だが遊覧船もやってる。
DSCF0059.jpg
DSCF0055.jpg
DSCF0056.jpg
DSCF0058.jpg
岩瀬浜
「日本海は波がドドーン!!とすごい」と俵万智がエッセイで書いていたが、確かに。
ここ本当に海水浴場か!?ってくらい波が荒い。波消しブロックに海水が猛当たりして
ドドーン!と音を立てるのである。
DSCF0070.jpg
DSCF0071.jpg
石倉町延命地蔵尊向かいのたこ焼き店のはしまき(上)注文を受けてから作ってくれる。
その近くの「山川いも屋」のさつまいも(下)黒い粒はごま塩。相乗効果で甘く。
この辺りは扇状地の湧水が豊富で、住民が車で取水に来る湧水スポットがいくつも。
エズがカターレに移籍した時に「富山は水道水が冷たくておいしい」と言っていたが、
ホテルの水道水は柔らかくてほんのり甘い。いくらでも飽きずに飲めそう。
DSCF0074.jpg
DSCF0079.jpg
DSCF0073.jpg
富岩運河環水公園
富岩運河を囲むように広がる、富山駅から近い親水公園。散歩にはとてもいいコース。
DSCF0075.jpg
DSCF0078.jpg
「世界一美しいスターバックス」にも選ばれた✨
DSCF0076.jpg
昨日「立山連峰がとてもきれい」と書いたが、伝わるでしょうか??
今日は昼過ぎまで曇りで時々あられがパラパラという天気だった。晴れたのは奇跡。
DSCF0080.jpg
牛島閘門(こうもん)
現在も運用可能なパナマ運河方式の閘門(見沼通船堀と同じ)
DSCF0081.jpg
DSCF0082.jpg
DSCF0083.jpg
DSCF0084.jpg
晩ごはん
2日とも居酒屋を予定していたが、酒飲めないのに居酒屋や小料理店は結構勇気がいる。
なのでホテルに近い「富山湾食堂」へ。カウンター席も多く一人でも遠慮なし。
富山で食べたかった刺身盛り・白えび・昆布〆を一気にオーダー!ごちそうさまでした。
白えびは富山でしか獲れないので、絶対食べたかった。ホテルの朝食で今白えびのスープが
出ていて、これがおいしい。家でも作って食べたいくらい。
posted by アパート管理人 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

富山の旅 1日目

久々の独り旅。天気が心配だったが、その辺りの話は後ほど。

軽井沢で車窓から見た雪山がきれいだった!だけど立山連峰はもっときれいだった!!
明日いいアングルで撮れるかな。
長野駅が近づくと、マルコメ味噌の本社・工場や、Uスタジアムの最寄駅の篠ノ井駅などと
新幹線は並走するが今日はスルー。明日新体制発表T_T  知っていたらそちらにしたがもう
とっくに旅行を申し込んだ後だった。
旅行支援も後日発表されたが、試しに金額を計算したらほぼ変わらなかった。従来の金額で
損がないように上乗せされてる。

長野まではとてもいい天気だった。トンネルを越えたら曇天に。
天気は今日は午後から風雨が強くなり、傘が裏返るほどと。午前9時半に富山駅に着いたが
街中で傘を持っている人はあまりいない。寒さはそれほどでも。11度あったそうで。
何で?それまで晴天だった時間帯もあり「北陸は天気予報が難しいのか?」と。
いや、当たった。よりによって一番ひどいときに外出してしまった。ジモピーが傘を持って
いない理由は不明だが。

朝ごはん抜きでお昼は「糸庄」という、最近TVで取り上げられたもつ煮込みうどんで超有名
なお店に行った。
実はここに行く前に乗る電車の系統を間違えて^^;乗り換えで時間を食ってしまい11時の
開店5分前に到着。平日だし超行列店だけど、そんなじゃないだろうと高をくくっていたら…
DSCF0004.jpg
これはすでに先発隊が中に入った状態。私の前は40人ぐらいはいたんじゃなかろうか。
私の次に待ってたばあさんたちの会話が「~ちゃ」「られ」富山弁満開。
「ら抜き(×見れる・食べれる 〇見られる・食べられる)」言葉が一時期問題になったが
富山は必要以上に「ら」が入っているのではないかと思われるくらい。
ようやく店の中に入れそうになった。店員さんが人数を尋ねて行ったのだが、先述の
ばあさんたちが私を抜かして「2人!」と言ったのですかさず手で制したうえで
「私が先です、一人です」
隙あらば抜かそうとしていたのはわかっていた。年配だろうがいけないことはいけない
(だから向こうは反論してこなかった)
中待合で待てたのは私まで。ばあさんたちはもうしばらく外で待機。ざまあみろ。
私もオバサンになったがああには絶対にならない。
DSCF0005.jpg
DSCF0006.jpg
DSCF0007.jpg
一番人気の「もつ煮込みうどん」をリングサイド特等席から。
グラグラ煮立っている姿を静止画でしかお見せできないのが残念!
もちろん味は!主人も食べさせたかったな~く~っ!!朝抜きで1時間待った甲斐あった。
DSCF0032.jpg
廻船問屋街の建物が残る岩瀬地区に移動。ここで路面電車を降りた際に一番の暴風雨…
傘裏返るわ靴が濡れるわ、散々な目に。でも傘持ってて良かった。
ここに来たのは、前回来たときは東岩瀬駅しか見られなかったのと「孤独のグルメ」の
ロケ地になったため。こちらは後日。「アナザホリデー」も行った♪
DSCF0027.jpg
景観条例があるのだろう、銀行もこの通り(郵便局はそうでもなかったが)
アナザホリデーでお茶している間に雨はあがった。

富山駅に戻ってチェックイン。が、晩ごはんのために外出したらやはり暴風雨で…
目的の店に行ったら予約でいっぱいで入れず、あまりお腹空いてないし天気良くないしで
もう一軒候補に入れてた店は明日にし、今日は退散。
明日は新鮮な海産物を食べたい!!
posted by アパート管理人 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする